もろみ酢とは

もろみ酢とは、日本最古の蒸留酒といわれる沖縄のお酒、泡盛の蒸留過程でできる”もろみ”から抽出されたエキスです。
湿度が高く、温暖な沖縄では、通常のお酒を発酵させるのに使う白麹や黄麹ではなく黒麹菌を用います。

この黒麹菌が、大量のクエン酸を生成し、雑菌の繁殖を防ぎ、美味しいお酒を作るのに貢献します。
そのため、泡盛のもろみから作られるもろむ酢は他のお酢と比べて大量のクエン酸を含んでいるのです。
クエン酸は、乳酸の分解や代謝の働きをよくするので、疲労回復やダイエット効果があるのです。

さらに、もろみ酢には人間の体に必要な必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン群を多く含んでいるので優れた健康食ということができます。

昔から、沖縄ではもろみのことを「かしじぇー」と呼び、豚肉料理などの琉球料理に用いてきました。
沖縄の長寿の秘訣は、もろみ酢にあるのかもしれません。