もろみ酢の主要成分−クエン酸の効能

もろみ酢の主な成分は、クエン酸とアミノ酸ですが、まずクエン酸がどのような作用をもたらすのかを解説したいと思います。


アルカリ性の体をつくり、自然治癒力を高める
 クエン酸は、柑橘類に多く含まれる酸味の成分です。酸味の成分といわれて、酸性かと思われがちですが、クエン酸は実はアルカリ性です。人間の体は、弱アルカリ性に保たれているときに自然治癒力が最も高まり、病気にかかりにくくなります。クエン酸は、酸性に傾きがちな現代人の体を弱アルカリ性に保ち、免疫力を高めます。
 
クエン酸サイクルで、疲労回復
 食物は、体内でぶどう糖に変換され、細胞の中で燃やされてエネルギーとなりますが、燃え残ったいわば燃えカスが溜まると酸性物質(乳酸等)に変化し、これが疲労の原因となります。
 クエン酸は、この酸性物質と結合してさまざま酸に変化し続け、その間に酸性物質を分解してエネルギーに変えます。これが、”クエン酸サイクル”です。このサイクルによって最後に再びクエン酸に戻るのですが、その時には体内の酸性物質は減少して、すっかり疲れがとれているということになるのです。





キレート作用で、栄養素を吸収
 クエン酸には、体内に入ったカルシウムやマグネシウムなどの金属ミネラルを挟み込み、吸収しやすくする働きがあります。これがキレート作用といいます。このようにクエン酸は他の栄養素を体内に吸収する助けともなる優れた物質であるといえます。

ほかにも、クエン酸には血流改善作用などの作用があると言われています。