L-アラニン


L-アラニンは、体内でピルビン酸に対するトランスアミナーゼによるアミノ基転位反応で生成します。ですので、非必須アミノ酸ということになります。

L-アラニンは、L-グルタミンとともに、アルコールの代謝を促進している可能性や、肝障害の改善にも有効である可能性があるといわれています。