L-チロシン


L-チロシン(l-tyrosine)は、1846年に、リービッヒによって、チーズから単離されました。よって、L-チロシンの語源はチーズであり、tyrosとはギリシャ語でチーズのことです。

L-チロシンから、L-ドパやドパミンなどが生成されます。
パーキンソン症候群は、体内のドパミンが欠乏していることによって起こります。
そこで、パーキンソン症候群の患者に対して、ドパミンの増量を図るため、その前駆物質であるL-ドパの投与がなされることがあります。






PR
アミノ酸を効果的に取り入れるなら、もろみ酢がオススメです。
さらに、その中でも「しまのや琉球もろみ酢」は、必須アミノ酸全9種類に加え、非必須アミノ酸も11種類中9種類も含有しています。
ここまで、公表しているのは”しまのや”だけ。
是非詳細をご確認ください
しまのや琉球もろみ酢